お葬式ガイド

お葬式・お通夜のマナーや基礎知識、家族葬や散骨などお葬式の種類、宗教や宗派、霊園・斎場について解説します。

日本人の約9割が仏教のお葬式を行うといわれていますが、神道のお葬式を行う方も少数ながら存在します。

昔は、神道と仏教の割合にそれほど差はありませんでしたが、近年は仏教が大半を占めている状況です。


仏教のお葬式に関する基本的な知識を有している方は多いですが、神道のお葬式となるとどうでしょうか?

神道のお葬式に参列した経験がある方は少ないはずです。


神道と仏教では、考え方から作法まで全く違うものなので、何も知らずにお葬式に参列してしまうと、仏教との違いにとても驚くでしょう。

驚くだけなら良いのですが、マナー違反になるようなことだけは絶対に避けたいですよね。


神道のお葬式に関して全てを知る必要はありませんが、神道と仏教の違いや基本的な作法だけでも、もしもの時に備えて知っておきましょう。


-- この記事の目次 --

1.神道の葬式とは

2.神道の葬式の流れ(神葬祭1日目)

3.神道の葬式の流れ(神葬祭2日目)

4.神道の葬式にかかる費用

5.神道の葬式に関する豆知識

6.仏教とは違うことだらけ!神道の葬式マナー とは?

7.知っておきたい神道のお墓事情

8.神道の葬式に関するよくある質問

まとめ

続きを読む

人との付き合いではさまざまなことが大切になってきますよね。

コミュニケーション能力や清潔感や・・・。


恐らく、それらと肩を並べるであろうものは『マナー』。

やはり、マナーを身に付けていないと恥ずかしいですし、そもそも、マナーが身に付いていない人と付き合うのは、ご遠慮願いたくなります。


そのマナーが顕著にわかるのが葬儀です。

なんといっても葬儀には、香典や焼香などなど一癖ある難解なものが多々ありますからね。

その分、悩む人が多いのも事実です。


そこで、この記事では、悩みやすい葬儀のマナーについてお話します。

「すべてマスターしてやる!」とやる気の溢れている方にも、「少しややこしそう」と尻込みしている方にも、わかりやすく解説していきますよ!


-- この記事の目次 --

1.まずは肩慣らし!葬儀の基礎知識

2.疑問率No.1!葬儀のマナー香典編

3.黒は強い味方!葬儀のマナー服装編

4.頼まれたら?葬儀のマナーで意外に悩む受付

5.焼香は宗派によっても変わるって!?

6.お悔やみ言葉にも避けられない葬儀のマナーがある!

7.葬儀のマナーの疑問集!

8.まとめ

続きを読む

「偲ぶ会」で思い浮かぶのは、テレビで目にする著名人が亡くなった際に執り行われている様子ですよね。

「著名人でない自分には偲ぶ会なんて関係ない」と思っていませんか?

最近では偲ぶ会は一般的になってきていますので、関係ないなどということはありません。


偲ぶ会は葬儀とは異なりますから、知識なしに参加すると恥をかいてしまうかもしれませんよ。

もちろん、一番大切なのは故人を想う気持ちですが、知識を持っていて損はありません。


そこで、今回は大人として知っておくべき偲ぶ会の基本をご紹介いたします。

もしもの時にも慌てず、故人にしっかりとお別れをしてくださいね。


-- この記事の目次 --

1.偲ぶ会とは?まずは基本をおさえよう!

2.偲ぶ会の案内状

3.失礼のない返信方法とは?

4.失敗しないために!偲ぶ会に必要な準備とは

5.偲ぶ会の流れ

6.偲ぶ会の3つの常識とは

7.偲ぶ会のマナー

8.よくある質問

まとめ

続きを読む

様々な文化が混ざり合っている日本。

寛容に思えて素敵な気もしますが、悩むのが葬儀の種類も多様なことです。


「仏式が主流だから~」。なんて、自分とは無関係のように思っていると大変。

最近は、仏式以外の葬儀も行う人が多いのですよ。

つまりは、いつほかの宗教の葬儀に呼ばれるかわからないということです。


そこで、今回は、その中から、キリスト教式の葬儀にまつわるお花料や献花などについて紹介していこうと思います。

これを見れば、あまり接する機会のなかったキリスト教式の葬儀も澄まして参列できるようになるはずです。


-- この記事の目次 --

1.キリスト教の葬儀の基本編!

2.キリスト教ではお花料!香典と呼ぶなかれ!

3.場違いは恐怖を生む!キリスト教の葬儀の服装

4.キリスト教の葬儀、言葉も美しく

5.経験がなければわからない・・・キリスト教の葬儀の流れ

6.キリスト教の葬儀はお花が大切!

7.キリスト教の葬儀豆知識

8.まとめ

続きを読む

「葬儀に出席したことはありますか?」

多くの方は、1度はあるのではないでしょうか?


ただ、これに、一言加わると、意外と「NO!」という人も多いでしょう。

その一言が『神式の』という言葉です。


確かに、仏式の次にメジャーな葬儀と言えども、日本では一番手の仏式が多数を占めています。

神式の葬儀に接する機会が少ないということは、知識面においても不安がありますよね。


そこで、今回は、その少々不安要素のある神式葬儀について説明していこうと思います。

マナーや避けるべき言葉などの基本事項を始め、細かな疑問も解決できるはずです。

読み終わった頃には、神式葬儀についての不安もなくなっているはずです。


-- この記事の目次 --

1.神式の葬儀のこれを知らなきゃ恥!な超基礎

2.神式の葬儀に参列するなら!知っておくべきお金編

3.間違えれば白い目必至!神式葬儀のマナー編

4.一言まで神経を!神式葬儀の言葉編

5.実は知らない!?神式の法要はなにがある?

6.4つのポイントでわかる!神式の葬儀と仏式の葬儀の違い

7.神式の葬儀でのこまごま疑問集めました!

8.まとめ

続きを読む

ひと昔前までは、当然のようにお墓は代々受け継がれてきました。

しかし、現在は核家族化や価値観の多様化によって、わざわざ遠方の代々の墓に入らなくても、新しく自分たちのために墓を建てる人も多くなりました。


そのようなときに真っ先に考えなくてはならないのが、墓を建てる場所、すなわち霊園です。

現在では、墓を建てる場所は「民間霊園」「公営霊園」「寺院霊園」の3種類あります。

それぞれ費用や環境、宗旨などの特徴もありますから、迷う人も多いのではないでしょうか。


霊園選びは、自分たちだけでなく、孫子にまで関わってくることですから、じっくり考えて選ぶようにしましょう。

ここでは、霊園を選ぶときのポイントやとくに東京の霊園事情などをご紹介します。

さらに、最近都市部で人気を集めている「あえて墓を作らない埋葬方法」についてもご紹介します。


-- この記事の目次 --

1.霊園を下見するときの確認事項とは

2.霊園の種類と特徴とは<民間霊園>

3.霊園の種類と特徴とは<公営霊園>

4.霊園の種類と特徴とは<寺院霊園>

5.霊園に墓を建てるまでの流れ

6.東京の霊園事情とは

7.大きく変化している墓への考え方

まとめ

続きを読む

人の命は、いつ寿命を迎えるのかわかりません。

「まさか自分が喪主を務めるとは」というシーンも出てくるかもしれないのです。

また、ひと昔前には、冠婚葬祭は長男の役目でした。

しかし、子どもの数が減り、一人っ子も多くなった昨今では、自分の両親の葬儀で喪主を務めなくてはならないというケースも多くなってきます。


いくら葬儀社の人が手取り足取り誘導してくれたとしても、あとから「こうしておけば、もっとよかったのに」「喪主として、不備や失礼があっただろうか」と後悔することもあるかもしれません。


万が一、喪主を務めることになったときに困らないように「危篤」「葬儀の準備」「通夜」「葬儀・告別式」そして、葬儀後に喪主がやらなくてはならないことなど、大まかな流れにそった基礎知識をご紹介します。

「仏教式」「神道式」「キリスト教式」と細かい点で違うところがありますが、ここでは、もっとも一般的な仏教式での喪主のやるべきことをご紹介していきます。


-- この記事の目次 --

1.喪主とは

2.臨終前に喪主がやるべきこととは

3.臨終後に喪主がやるべきこととは

4.通夜で喪主がやるべきこととは

5.葬儀~火葬場で喪主がやるべきこととは

6.葬儀後に喪主がやるべきこととは

7.四十九日法要で喪主がやるべきこととは

まとめ

続きを読む

日本の葬儀の90%は仏式だと言われています。

しかし、神道やキリスト教式の葬儀に出席する機会もゼロとはいえません。


最近では無宗教の葬儀や家族葬など、故人らしさを強調する葬儀も増えてきました。

さらに、高齢化や葬儀で残された遺族の負担になりたくないという気持ちから直葬を願う人も増えてきました。

このように葬儀にもさまざまな形式があります。


喪主となるとき、あるいは参列するときに、あらかじめその流れをつかんでおくことで、戸惑ったり、不安を持ったりすることなく粛々と冥福を祈ることができるのではないでしょうか。

ここでは、日本で行われている代表的な葬儀「仏式」だけでなく「神道式」「キリスト教式」「自由葬」の葬儀の流れをご紹介しています。

仏式以外の葬儀でもまごつかないように、参考にしてください。


-- この記事の目次 --

1.通夜の流れ

2.仏式葬儀・告別式の流れ

3.神式葬場祭・告別式の流れ

4.キリスト教式葬儀・告別式の流れ<カトリック>

5.キリスト教式葬儀・告別式の流れ<プロテスタント>

6.密葬・家族葬・自由葬の流れ

7.直葬の流れ

まとめ

続きを読む

冠婚葬祭の中でも最も厳粛さが求められるのが葬儀です。

そのため葬儀には、さまざまなしきたりやマナーがあります。さらに宗教によっても宗派によっても違ってきます。


マナーというのは、周りの人に不愉快を与えず、人間関係をスムーズにするために大切なことです。

おめでたい席なら失敗しても笑ってすまされることが、葬儀のような厳粛な席での失敗は、社会人としての常識を疑われてしまいます。


そのようなことにならないように、葬儀でのマナーはしっかりと頭に入れておきましょう。

ここでは、葬儀で困らない、恥かしい思いをしないためのマナーをピックアップしてみました。

よくある失敗例も掲載してあります。ぜひ、参考にしてみてください。


-- この記事の目次 --

1.葬儀での服装マナー

2.葬儀での礼拝マナー<仏式>

3.葬儀での礼拝マナー<神式>

4.葬儀での礼拝マナー<キリスト教式>

5.香典のマナー

6.香典袋のマナー

7.お悔やみのマナー

8.弔電を送るときのマナー

まとめ

続きを読む

神式の式典などで、玉串奉奠をすると聞くと、どこかで名前だけはきいたことはあるけれどもやり方はわからない、どうしようと悩んでしまうこともあると思います。

それらはこのページを読むことであっさりと解消し、またより多くの知識を得ることもできると思います。


しっかりとページを読み、知識を深めていくことで、玉串奉奠を行う際に困惑することなく、またするべきことに迷うことなく堂々と、取るべき態度がとれるようになると思います。

そうなっていただければ、望外の幸福でございます。


-- この記事の目次 --

1玉串とは?

2玉串奉奠とはなんなのか?

3神社参拝から、玉串奉奠までの流れについて

4玉串料の相場と用意するときのマナーは?

5玉串奉奠が使われるシチュエーション、それによって生じる違いとは?

6【番外編】年祭と納骨祭

7まとめ

続きを読む

↑このページのトップヘ