いま、新しい埋葬の形として「自然葬」が人気となっています。

自然葬にはいくつもの種類があり、遺骨を埋葬し墓標の代わりに樹木を植える「樹木葬」が代表的ですが、遺骨を粉末化し海や山に撒く「散骨」を選ばれる方も年々増加しています。


亡くなったあとには火葬し、一定期間を経て「お墓」へ遺骨を納めるという考え方が、今までの日本では一般的で当たり前のことでした。

お墓を作らず(納めず)その遺骨を「散骨」するという自然葬について、それが受け入れられ拡まっている理由はどういうところにあるのでしょうか?

故人の遺志で「散骨」を行う場合、また自分が散骨を希望する場合に知っておくべきこととは?


○遺骨を撒くことに法律上の制限はあるの?

○「散骨」にはどのような届け出やルールが必要なの?

○「散骨」はどこでもできるの?禁止されてる場所はあるの?

○「散骨」するためには、どのくらいの費用がかかるの?


現代日本の「散骨」事情について調べました。


-- この記事の目次 --

1.「散骨」が注目されている3つの理由

2.「散骨」を行う時に注意するポイント5つ

3.遺族間でのトラブルも!「散骨」を正しく理解

4.「散骨」にもこんなに種類が!その方法とルール

5.亡くなってから「散骨」するまでの流れを知ろう

6.「散骨」するにはいくらかかるの?

7.「散骨」で守るべき4つのルールとマナー

8.まとめ

1.「散骨」が注目されている3つの理由


出典元:https://www.photo-ac.com/  

「散骨」とは「自然葬」のひとつで、火葬されたあとの「遺骨」を粉末状に細かく砕いた状態にし、それを海洋や山などに撒く「お見送りの方法」です。

「散骨」する場所は、海や山などが自然に還るというイメージが強く、人気が高まっています。

 

1-1 いつごろから拡まったのか

いわゆる「お墓」とは、「故人の遺骨を土中に納め、その上に石塔(墓碑、墓石)を建てて供養する」というものですが、このスタイルが生まれたのは江戸時代の中期ごろではないかと考えられています。

それまでの古来の日本では、支配者・上流階級(貴族や武士など)以外は、墓碑を建てることはできませんでした。

今でこそ、日本においては当たり前のように思われている「亡くなったあと家族がひとつのお墓に入る」という考え方は、実は明治以降に広まったまだ100年ほどの新しい習慣のようです。

高度経済成長を経て日本は豊かになり、墓地が整備され、一般庶民がお墓を自由に建てられるようになり、「死んだらお墓に入ること」が一般的になりました。

もともとは「一族」を象徴するものでしたが、戦争を経て新しい法律が整備され、家族構成などの形態も変化したことから一族から一家へ、そして個人のお墓へと様変わりしてきました。

 

1-2 故人・遺族の想い

日本の近代化が進むにつれ家族の形態が変化し、「家」単位の「お墓」という固定概念から離れ、自分の死後にどうありたいか(自分の願う通りにしてもらいたい)と考える人が多くなってきました。

その想いの中にあるものは「お墓を作りたくない(入りたくない)」「自然に還りたい」という強い気持ちであり、遺族もその気持ちを尊重することができる時代に変わってきたと言えます。

その気持ちの他にも、親世代には「子どもに墓のことで苦労させたくない」という配慮もあるようです。

こういう社会問題を目の当たりにし、お墓を維持管理することの負担について考え始めている人が増えています。

 

1-3 社会背景と経済的事情

日本は国土が狭いために、墓地などは限られた場所にしか造ることができません。

郊外の山林を切り開いて墓所を造成する場合には、自然破壊などの問題にも直結してしまいます。

都市部では土地が高価なため、新たな墓所は造成が困難で、あったとしても非常に高価格なのが実状です。

また、お墓を建てるということは、そのお墓を守り続ける・管理し続けるということでもありますが、少子高齢化や単身者の増加により、この「墓守」(お墓の継承)も重大な危機を迎えています。

先祖代々のお墓を守り続けても、子孫が絶えてしまったら「墓じまい」という責任を果たさなければなりません。

費用もかかりますし、(自分の代で)という精神的負担も大きくなります。

「散骨」というお墓を持たない選択については、これらの個人的な気持ち、高価なお墓が建てられない経済的事情、維持管理が困難な社会的背景が大きく影響していると言えます。

「自然に還る」という良いイメージも相まって、そのスタイルが注目され、人々のニーズが高まってきたのは自然な流れなのかもしれません。

2.「散骨」を行う時に注意するポイント5つ


出典元:https://www.photo-ac.com/  

「自然葬」という葬送スタイルのひとつであるとは言え、「散骨」は遺骨を墓所以外の場所で「撒く」行為です。

この斬新とも言える「散骨」を健全に行い、故人の希望を最善の形で叶えるために注意すべき5つのポイントをご紹介します。

 

2-1 「散骨」についての法律

現在の日本の法律では「散骨」に関する法律はありません。

「墓地・埋葬等に関する法律」は昭和23年に交付されましたが、現代の時代背景や社会状況に沿って見直しを迫られている部分もあります。

「散骨」については、「遺骨を撒く」という行為が刑法190条(いわゆる遺体遺棄)にあたるのではないかと懸念されていましたが、「自然葬」が拡がりを見せる中、法務省は「散骨」が「遺棄」ではなく「節度をもって行われる限り、葬送のひとつの形として問題ない」という見解を出しました。

「節度」とは一般常識の中で迷惑をかけないことであり、ケースバイケースで個々が判断するのですが、特に以下についてを厳重に守ってください。

○必ず「粉骨」すること(遺骨とわからない1〜2mm以下のパウダー状にする)

○必ず「散布」すること(「穴を掘って土中に埋める」行為は、先ほどの法律(埋葬法)の制約を受けるため)

 

2-2 「散骨」できない場所

「散骨」は法律で規制されてはいませんので基本的には自由に行う事ができますが、常識的に考えると

○公共施設内や敷地(所有者の許可が必要)

○私有地(所有者の許可が必要)

○水源地の近く ○畑、民家の近く

○漁場や海水浴場の近く、防波堤

○観光地など人の多いところ

○公園

○都心部

などでは「散骨」は適していません。

また自治体によっては厳しい条例を制定(禁止区域など)しているところもありますので、撒きたい場所の自治体で事前に確認する必要があります。

 

2-3 「散骨」に関する許可申請は必要なの?

「散骨」を行うにあたって必要な書類はありませんし、公的機関からの許可なども必要ありません。

法律はありませんが、先ほども書いたとおり個々が「節度を持って」行う事が重要です。

また、許可申請は必要ありませんが、条例がある自治体では、申請が必要な場合もあります。

 

2-4 「散骨」に関する条例がある市町村は?

「散骨」が一般に広まるにつれ、「散骨」ビジネスが拡がった結果、地域で業者と住民との間で様々な問題が生じていることから、条例を制定する自治体も出てきました。

平成28年2月現在で、「散骨」に関する条例(「散骨」禁止)があるのは

○北海道 長沼町(2005年に日本初の「散骨禁止条例」)

○埼玉県 秩父市(2008年に首都圏初の「散骨禁止条例」)

となっています。

この2地域では、業者も個人も「散骨」をすることはできません。

また、主に「散骨業者」(散骨場の設置等の規制)に対する条例があるのは

○北海道 七飯町

○北海道 長沼市

○北海道 岩見沢市

○長野県 諏訪市

○埼玉県 本庄市

○埼玉県 秩父市

○静岡県 御殿場市

○静岡県 熱海市

○静岡県 伊東市

以上の地域で「散骨」したい場合には、それぞれの自治体へ問いあわせるなど、事前の確認を行ってください。

 

2-5 海外で「散骨」はできるの?

特に強い想いがある場所が海外の場合、「散骨」を行う事は可能で、許可申請などは必要なのでしょうか?  

○ハワイ州

最も人気があるのはハワイの海です。

「散骨」専門の業者もあり、「散骨」はハワイ州法により水質汚染防止のために海岸より一定距離(3マイル/約4.82km)以上沖合、かつ禁止区域以外で散骨しなくてはなりません。

日本でも俳優の故・勝新太郎氏がハワイのワイキキ沖で「散骨」を行っています。

○アメリカにおいては、自然葬は一般的なものとして受け入れられているようです。

アメリカでは各州ごとにそれぞれ法律があるため、各州法に従います。

○欧州の中でも特にイギリスは「散骨」する場所が設けられており、公に認められています。

○スウェーデンでも豊かな自然に還りたいと「散骨」を希望する人は多くみられます。

○中国では墓地が不足していることから国が「散骨」を推奨しています。

海洋散骨が主流のようです。

遺骨は必ず「粉骨」し、飛行機には手荷物として持ち込むようにしましょう。

3.遺族間でのトラブルも!「散骨」を正しく理解


出典元:https://www.photo-ac.com/  

「自然葬」を選択する人が増えているとは言え、まだまだ地方における埋葬の考え方や自然葬の不理解により、「骨を撒く」ということについて特に年配の親戚縁者からの反対が強く、人間関係に響くようなトラブルも生じています。

故人が望む「散骨」を遺族が行う事は供養のひとつでもあります。

その強い思いをわかってもらえるよう、理解を求め、遺志を伝える努力が必要です。

 

3-1 本人の遺志を明確にする

生前に「散骨」という葬送を選択した場合は、その意志表示をしっかり家族へ残すようにします。

遺言状など正式な形の他にも、手紙や文書で伝えることでもかまいません。

「散骨」に至った想いや、希望する場所、その理由など、できるだけ具体的に希望などを記入しておくと良いでしょう。

「散骨」を行う遺族にも、とてもありがたい「遺言」(指示書)になるはずです。

 

3-2 遺族や関係者の誤解を解こう

「散骨」について話を始めると、親類や縁者から反対意見が出ることが予想されます。

「自然葬」についての理解不足の他に、体裁や墓参りができない、「遺骨を砕く」または「遺骨を撒く」ことへの強い嫌悪感などがあるようです。

故人が「散骨」を強く望んでいる場合、その遺志を守ることこそが、一番大切で供養になることを理解してもらいましょう。

本人の遺志を伝えられるものがあれば、それを見せてさらなる理解を求めます。

 

3-3 散骨後の供養はできるの?

「散骨」を選んだ場合にも、全ての遺骨を撒くと決まっているわけではありません。

○遺骨は全て「散骨」する

○手元に遺骨の一部を残す

○お墓に遺骨の一部を納める など、気持ちにより選択をすることができます。

また「散骨」は葬送のひとつの形であり、葬儀や供養を限定するものでは全くありません。

葬儀を行ったときに位牌、戒名をいただき仏壇を作ってもいいし、作らなくても自由なのです。

できれば、「散骨」のあとの供養についてまでも、生前に本人の気持ちをお聞きしておくと良いですね。

4.「散骨」にもこんなに種類が!その方法とルール


出典元:https://www.photo-ac.com/  

また「散骨」は決められた時期はありませんので、まずは故人の遺志に従い、特に指示がない場合は遺族の都合で決めることになります。

同様に「散骨」には決められた形もありません。

故人が旅行好きなのであれば、家族が旅行をする度に少しづつ問題のない所へ撒くというやり方もあります。

様々な種類のある「自然葬」の中から、代表的な「散骨」の方法をご紹介します。

 

4-1 「散骨」で一番人気!海洋葬とは

私たちの先祖が生まれた「海」に還りたいと思う人は多いようです。

また海は広大で、世界中に繋がっている、安らぎを感じる、心を癒してくれるなどのイメージがあります。

公海上では所有者がいないため「散骨」については最も問題がないと言えます。

直接遺骨を撒く他に、水溶性の袋に小分けをして海へ投じるやり方もあります。

このやり方だと散骨式に参列する人数分の小袋を作り事前に準備することもできてスマートです。

 

4-2 大地に「散骨」する山岳葬・樹木葬

山で「散骨」を行うことについては、自己所有の山(里山等)であれば問題ありませんが、他人の山に勝手に入り「散骨」すると犯罪行為になりますので、必ず許可を取りましょう。(山は、どんな山でも国・法人・個人の持ち主がいます)

また、「穴を掘って埋める」ことはできません。

自己所有であっても、人家が近いなどの場合は、周辺への配慮が必要です。

業者に頼む場合は、散骨できる山林を所有しており、自然の木の下に「散骨」できるなどのコースがあります。

また樹木の下に穴を掘り、そこへ「散骨」すると「埋葬の樹木葬」となりますので注意が必要です。

この場合は許可を受けた墓地などでなければできません。

 

4-3 宇宙葬・空葬は個人でできるの?

個人で行うには特殊で難しい「散骨」の方法です。

自力で空中に散布するのは困難なため、風船につけて海洋へ向け飛ばす方法もありますが、どこで割れてどうなるかが予測できないので人家に落ちた場合など大問題になります。

どうしても空中に「散骨」したい場合は、業者に相談する方が良いでしょう。

○空葬(空中散布)

飛行機をチャーターして空中(海洋上)へ散布する「散骨」の方法です。

○空へ還る!珍しい宇宙葬(バルーン葬)

宇宙葬は、粉骨を納めたバルーン(自然に還る天然素材で作られたもの)に粉骨をつけて成層圏まで飛ばし破裂させるという「散骨」の方法です。

空へ風船が上がっていく様子を「故人が天に昇っていくようだ」と捉えられ、関心が高まっているようです。

 

4-4 いつも近くに!自宅の庭への「散骨」

故人が愛した自宅の庭や花壇に「散骨」されるケースも増えています。

ただし将来的に売却の可能性がある場合は注意が必要です。

粉骨とは言え、人骨を撒くわけなので売買契約時には重要な事項として記載されることになります。

また許可無く借家の庭に撒くことは、絶対に止めましょう。

 

4-5 ペットの「散骨」も家族と一緒に

家族同様に暮らしていたペットを弔うために、ペット霊園や火葬場も全国に増えてきました。

ペットの「散骨」に関しては規制対象外ですが、ペットも同様に、やはり火葬し粉骨にして、わからない形状にして撒くのがマナーと言えるでしょう。

粉骨後、飼い主の遺骨と混ぜて「散骨」するケースも多くあるようです。

5.亡くなってから「散骨」するまでの流れを知ろう


出典元:https://www.photo-ac.com/  

「散骨」のタイミングはそれぞれの事情によりいろいろ考えられます。

○亡くなって葬儀・火葬のあとすぐに「散骨」する場合

○しばらく手元供養のあとに「散骨」する場合

○お墓から遺骨を出して「散骨」する場合  

また、どの程度の量を「散骨」するのかにも、決まりなどはありません。

○全ての遺骨を「散骨」する

○手元に一部残し手元供養する

○一部残しお墓に入れる  

どれだけ遺骨を残すにしても、またどのタイミングで「散骨」を行うにしてもまずは遺骨を粉骨します。

粉骨しパウダー状になった遺骨はかさもかなり減りますので、手元に置かれる場合にもコンパクトで仏壇周りもすっきりします。

 

5-1 必要な書類と届け出のチェック

亡くなってからすぐに「散骨」を行う場合の流れは、以下のようになります。

○死亡診断書を医師に書いてもらう

○死亡診断書を役所に提出し、死亡届の書面をもらう

○死亡届を役所に提出し、火葬埋葬許可証をもらう

○火葬

○粉骨

○散骨  

*「散骨」のためお墓より遺骨を返してもらう場合は、各寺院へ事前にお問い合せください。

 

5-2 海外で「散骨」する時に注意すること

粉骨を手荷物として機内へ持ちこみます。

準備しておくものは、

○死亡届

○死亡診断書

○火葬埋葬許可証

○上記を入国先の言語に訳したもの

などです。

以上があれば、出国のとき質問されても関係性を含め答えることができます。

なお、国内であっても遺骨を持ち歩く状況をいつでも明らかに説明できるように、上記の「死亡届・死亡診断書・火葬埋葬許可証」などを用意しておくと良いでしょう。

 

5-3 遺骨はどうやって運べばよいの?

遺骨(骨壺)は、中身がこぼれることのないように手で持って運びますが、葬儀会場から自宅が遠い場合などは、郵便局のゆうぱっくを利用することができます。

6.「散骨」するにはいくらかかるの?


出典元:https://www.photo-ac.com/  

「散骨」することが決まったら、いつ・どこで・どうやって・誰が・行うのかを決める必要があります。

それによりかかる費用が大きく異なってきます。

全てを散骨業者に任せる方法もありますし、全てを自分の手で行うことももちろん可能です。

また「散骨」するためには遺骨を「粉骨」する必要があり、その費用も加算されます。

 

(1)全て個人で行う場合の費用

粉骨料+目的地までの旅費交通費等+お供え物など  

(2)業者のプランを利用する場合の費用

粉骨料+業者のプラン費(粉骨費が含まれる場合もあり)  

6-1 まずは「粉骨」が必須、その費用とは

遺骨をそのまま撒くと「遺体遺棄」となり犯罪となりますので、「散骨」する場合は必ず「粉骨」します。

粉骨とは遺骨を砕き、1〜2mm以下の細かいパウダー状にすることです。

「散骨」する場合には、この粉骨が最低条件となりますので、必ず行ってください。

遺骨を「粉骨」にすることに関する許可申請は必要ありません。

 

(1)自力で「粉骨」する場合

業者に任せた場合は現場を確認できないので心配(他人の遺骨に混ざるなど)な場合、供養も兼ねて自分で行いたい場合などは、自分で行います。

すり鉢とすりこぎや、布袋に入れて金槌で叩く、などで細かく砕きますが、骨は硬いため時間がかなりかかりますし、パウダー状にはなかなかならないため、粉骨機のレンタルを使う方法もあります。

 

(2)粉骨業者に頼む場合

預けるのは大切は「遺骨」です。

たくさんの業者が存在しますので、価格だけではなく会社体制やサービス内容、信頼性を十分調べて決定するようにします。

粉骨作業のとき立ち会いができる業者だと衛生面でも安心です。

何よりも配慮を求めたいことは「他の遺骨と混ざらないこと」ですから、そういう意味でも立ち会い粉骨を快く引き受けてくれる業者は問題ないと言えるでしょう。

遠方の場合は、遺骨の受け渡しを宅配便を使ってやりとりもできます。

費用も業者によって異なりますが、概ね2〜4万円程度が多いようです。

 

6-2 自力で「散骨」する場合の費用(施主散骨)

故人の遺言や希望により、または自分の意思で、「散骨」を業者任せにせず自分で行われる方も多いです。

その方法は様々で、場所によりルールやマナーを守れば、故人への大きな供養とともに、自分自身の達成感も大きいことでしょう。

故人との想い出を辿りながら、旅行という形で各所に「散骨」されるケースもあります。

もちろん費用は移動費(旅費交通費)程度しかかかりません。

 

6-3 代行業者に頼む場合の費用(委託散骨)

「散骨」を検討するという事自体が人生においてそう何度も起こることではないので、「業者の比較」は難しいと思います。

「散骨」ビジネスも多く業者も増えており、サービスや質は多種多様となっています。

業者を選ぶ時には、じっくり時間をかけて調べましょう。

また必ず複数の業者から見積を取り比較します。

故人の遺志をきちんと伝え、それに応えてくれているかも判断のポイントになります。

代行業者に頼む場合は2つのケースが考えられます。

 

(1)完全に代行してもらう場合

施主が高齢や病気などで「散骨」の現場へ行けない、他に行く親族もいないなど、粉骨した遺骨を預け、希望を伝えてその通りに「散骨」を依頼するケースです。

終了後、証明書の発行や写真がもらえます。

○海洋散骨代行サービスの費用一例

・ハワイ沖への散骨 88,000円〜

・沖縄近海沖への散骨 35,000円〜

・東京湾(海ほたる周辺) 25,000円〜

*海洋散骨代理の場合は、一括して「散骨」を行うために、料金も概ね3〜6万円と安く抑えられています。

 

(2)業者の「散骨」プランを選び自分が「散骨」する場合

業者が設定した各種プランから希望を選んで参加するケースです。

○海洋散骨であれば、希望する出発港などから船を出している業者を探すことになります。

海洋散骨の場合は沖合へ出るために船が必要なので、チャーター料金がかかります。

平均的に4名ほどが参加した場合はセレモニー(僧侶や献花など)や遺族へのサービスなども含め概ね20〜40万円程度かかるようです。

他のグループ(遺族)と合同で散骨を行う場合は全体の料金をシェアしますので安くなります。

○山岳散骨なら所有している山林がある業者などを探すことになります。

○樹木葬の場合は、郊外だと里山の樹木の根元に、都市部だと公園などの樹木の根元に、それぞれ撒くプランなどが用意されており、どのような人数で利用するかで変わりますが、概ね10〜80万円ほどのようです。

○宇宙葬(バルーン葬)の場合は、粉骨を納めたバルーンを空へ放し、気圧変化により成層圏で破裂するという方法です。

概ね20〜30万円程度です。

○空葬散骨は、飛行機のチャーター代含め30万円〜となっています。

費用は、業者やプランの内容によっても大きく違いますので、料金に含まれる内容をよく確認ししましょう。

どのような「散骨」の方法を採るにしても、まずは見積内容をしっかりチェックし、業者に希望をはっきり伝えることが重要です。

7.「散骨」で守るべき4つのルールとマナー


出典元:https://www.photo-ac.com/  

故人の遺志を尊重し、供養のために「散骨」を行う場合であっても、他人が全てその気持ちを尊重してくれるということではありません。

「遺骨を撒く」という意味をしっかり理解し、ルールとマナーを守り、常識的な節度を持って行いましょう。

 

7-1 「散骨」する場所の法律と条令を遵守する

先に述べた通り、現在の日本では「散骨」を規制する法律はありませんし、許可申請も必要ありません。

しかし、「散骨」に関する条例を制定している自治体(地域)がありますので、「散骨」したいエリアの前もって問いあわせ、ルールを守ることが大切です。

持ち主がいると思われる場合、例えば山の花木のもとに撒くなどの山岳散骨の場合は、山や土地の所有者の了承が、また周りに人家がある場合は住民の許可も必要です。

 

7-2 遺骨であるということがわからないように

遺骨を2mm以下の大きさまで砕く(粉骨)することは、撒いたものが骨であるとわからないようにするための、世界各国共通のルールになっています。

細かく砕くということは、やはり遺骨と言うことで不快感を持たれる人もおり、周りに配慮してという意味もありますが、細かくなればなるほど早く自然に還ることができるという利点もあります。

 

7-3 「散骨」する場所の自然環境を汚さない

○自然環境

どこで「散骨」を行っても、お供え物などでその場にゴミを残さないようにします。

海洋散骨の場合は、花は花束からばらして花の部分だけを切り海へ投じます。

もちろん包装やリボンなどははずし、ゴミとして持ち帰ります。

粉骨はそのままだと風に巻き込まれたり飛び散ったりしますので、水溶性の小袋などを利用するときれいに投じることができます。

すぐに溶けますので環境汚染になりません。

空中散骨の場合は、飛散が問題になりますので、海洋に落ちるような場所が望ましいと言えるでしょう。

○人的環境

粉骨の主成分は、リン酸カルシウムという無害なもので、分解されて自然に還ります。

遺骨自体は環境を汚染することはありませんが、やはり人の骨ですので周辺に配慮するという意味で、漁場や養殖場の近くや海水浴場、水源地や人家の畑に近いところなど「人的環境」にも深い配慮が求められます。

 

7-4 「散骨」しているという雰囲気はNG

基本的に「散骨」の場合は喪服などを着用しないケースが多いようです。

海洋散骨の場所がリゾート地であることも多いので、周りに配慮し、迷惑にならないよう、またクレームが起きないように注意しましょう。

同様に、骨壺などの容器、位牌なども持ちこまないか、周りに見えないように配慮します。

8.まとめ


出典元:https://www.photo-ac.com/  

一昔前には「遺骨を撒く」という葬送のスタイルは想像も出来ない、常識ではあり得ないものでした。

土地不足によるお墓価格の高騰、少子化により先祖代々の墓の継承者が激減していること、そして自分の死後に於ける個人的価値観の変化などにより、「自然に還る」お見送りが拡がってきたのは現代日本においては当然の流れだったのかもしれません。

しかしそれでも地方では相変わらず根強い不快感、反対意識もあるようです。

故人の遺志を尊重し「散骨」すると決めたら、

○故人の遺志を親戚縁者に理解してもらう

○「散骨」を希望する場所の規制(自治体の条例)を調べる

○ルールやマナーを守って周辺に迷惑をかけないように行う  

以上に注意して、健全で節度のある「散骨」を心がけましょう。

それが故人への供養にも繋がることになるのですから。