弔電は、どうしても葬儀に参列できないときに、弔意を表すために送るものです。

ご遺族に失礼のないように、でもお悔やみの気持ちはしっかり伝えたいものですね。

また、弔電には普段使わない呼び名や、忌み言葉と言われる使用してはいけない言葉もありますので、気をつけておきたいところです。


この記事では故人と喪主、故人と弔電を送る方との関係によって違ってくる文例を、豊富に集めてあります。

他に仕事上での弔電の文例や、宗教や亡くなられた状態による違い、オリジナルな文章を書くときに気をつけるべきこともまとめてあります。

ご遺族の心に届く文章を、ぜひ探してみてくださいね。


-- この記事の目次 --

1.続柄や関係性による弔電の文例の違いは?

2.友人や先生、お世話になった方への弔電の文例は?

3.仕事関係の方の場合は故人との関係で大きく変わる

4.亡くなられた状態による文例の違いは?

5.宗教の種類で使う言葉は違う

6.オリジナルな文章を付け足す場合は?

7.その他の場合の弔電の文例

8.まとめ

1.続柄や関係性による弔電の文例の違いは?


出典元:https://www.photo-ac.com/

弔電では、故人を名前で呼ぶのではなく敬称を使います。

敬称を確認しながら、ご家族や親戚が亡くなった場合に使われる文例も見ていきましょう。

 

1.1 故人と喪主が家族など近い関係性の場合の文例は?

喪主の実父が亡くなった場合は、別れの悲しみだけでなく、生前に社会や家族のために働かれたことに敬意を表したり、ねぎらう言葉を入れてもいいでしょう。

使う敬称…ご尊父様、お父上様、お父様、父君、ご亡父様、ご先代  

・ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます。

・お父様のご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、心よりご冥福をお祈りいたします。

・お父様の突然の悲報に接し、驚愕しております。残されたご家族の皆様のご心情をお察しいたします。ご生前の姿を偲びつつ、心よりお悔やみ申し上げます。

・ご逝去のお知らせを受け、深く哀悼の意を表します。これまでのご功労に感謝しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

喪主の実母が亡くなった場合は、温かい人柄ややさしさなどを表現した文例を選ぶと良いでしょう。

父親の場合に比べて、柔らかい言葉遣いにすると気持ちが伝わりやすくなります。

使う敬称…ご母堂様、お母上様、お母様、母君、ご亡母様、ご賢母様  

・ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

・お母様の在りし日のお姿を偲び、謹んでお悔やみ申し上げます。

・ご母堂様のご逝去の報に接し、幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。

・お母上の悲報に接し、驚きを禁じえません。今はただ生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

次に亡くなられたのが喪主の夫や妻、息子、娘だった場合です。

この場合は若くして亡くなっていることも多いので、喪主の悲しみははかりしれません。

そういったお気持ちに添うような文章を選びましょう。

使う敬称…ご主人様、旦那様、ご令室様、奥様、奥方様、ご令息様、ご子息様、ご令嬢様、お嬢様、ご息女様

・ご主人様のご逝去を知り、大変驚いております。どうぞご遺族の皆様もお気持ちを強く持ってください。心からお悔やみ申し上げます。

・最愛の奥様の訃報に接し、言葉もございません。ご遺族様の心中お察し申し上げます。

・ご子息様のご逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申し上げますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

・お嬢様の訃報に接し、ただただ驚いております。残されたご家族の皆様のご心情、いかばかりかとお察し申し上げます。心からご冥福をお祈りいたします。

関係性が近ければ、遺族の心情をお察ししますなどといった文章を入れると、より気持ちが伝わるでしょう。

関係性が遠い方や、弔電を出す本人とあまり接していなかった場合は大げさな表現は避け、無難な言葉を短めに使いましょう。

以下、他の続柄の敬称の一覧表です。(喪主との続柄となっています)

祖父・祖母 ご祖父様、おじい様、祖父君・ご祖母様、おばあ様、祖母君
伯父・伯母 (両親の兄・姉) 伯父様、伯父上様・伯母様、伯母上様
叔父・叔母(両親の弟・妹) 叔父様、叔父さん・叔母様、叔母さん
兄・義兄・姉・義姉 兄上様、ご令兄、お兄様・姉上様、ご令姉、お姉様
弟・義弟・妹・義妹 ご弟様、ご令弟、弟様・お妹様、ご令妹、妹様
甥・姪 ご令甥様、甥御様・ご令姪様、姪御様
夫の父 お舅様、お父上様、お父様
妻の父 ご外父様、ご岳父様、お父様、父上様
夫の母 お姑様、お母上様、お母様
妻の母 ご外母様、ご岳母様、お母様、母上様
両親 ご両親様、ご父母様
家族 ご家族様、皆様、ご一同様
 

1.2 孫からの弔電は親しみを感じさせる書き方で

自分の祖父や祖母が亡くなったときに、遠隔地であったり、病気で臥せっているなどなんらかの理由で葬儀に参列できないこともあります。

そんなときはひとまず弔電を送り、後で改めて弔問すると良いでしょう。

供花や供物なども送ると良いですね。義理の祖父・祖母なら一般的な文例を使いましょう。

使う敬称…喪主と祖父・祖母の関係性で変化させる。

例えば、喪主が伯父、亡くなられたのが祖父なら「ご尊父様」など。

しかし、もし喪主が弔電を出す人の父母など関係性が近いなら、「おじい様・おじいちゃん・おばあ様・おばあちゃん」でも良い。

・ご尊父様の突然の訃報に接し、言葉を失っています。ご家族皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。謹んでお悔やみ申し上げます。

・ご母堂様のご逝去の報に接し、悲しみにたえません。安らかにご永眠されますよう、心よりお祈りいたします。

・おじいちゃんの突然の訃報に、信じられない気持ちでいっぱいです。すぐにでも駆けつけたいのですが、やむを得ぬ事情により参列することができません。おじいちゃんの安らかな冥福を心からお祈りしています。

・おばあちゃんの悲報を受け取り、茫然としています。おばあちゃんの温かな手、優しい笑顔が昨日のことのように思い出されます。お別れに行けなくてごめんなさい。

どうぞ安らかに旅立たれますよう、心からお祈り申し上げます。

 

1.3 遠い親戚などさほど親しくなければ一般的な言葉で

遠縁の方など、接する機会の少なかった方には、特別な言葉を使う必要はありません。

一般的な文例に、葬儀に参列できないことをお詫びする文章を入れておきましょう。

使う敬称…名前に様をつけて、〇〇様という形で。

・〇〇様のご逝去、謹んでお悔やみ申し上げます。

・この度は誠にご愁傷さまでございます。謹んでお悔やみ申し上げます。

・突然の悲しいお知らせを受け、大変驚いております。弔問に伺えない非礼をお詫びしますとともに、心からお悔やみ申し上げます。

 

2.友人や先生、お世話になった方への弔電の文例は?


出典元:https://www.photo-ac.com/

ときには友人や恩師、お世話になった方などの訃報に接しなければならないこともあります。

しかし、海外に住んでいたりすれば葬儀に参列することが叶わず、弔電を送らざるを得なかったりしますね。

そういった場合での弔意の伝え方をご紹介いたします。

そして、菩提寺の住職が亡くなった場合は、使える言葉も限られてしまいますので、こちらの注意点もお伝えしたいと思います。

 

2.1 仲の良い友人には訃報に驚いた旨を伝える

仲の良かった友人の葬儀には参列したいものですが、生きている以上、どうしても無理なときはあるものです。

遺族の方の気持ちに寄り添い、訃報に驚いたこと、とても悲しんでいることなどが伝わるような文例を選びましょう。

・ご逝去のお知らせを受け、ただ驚くばかりです。

すぐにでもお別れに伺わねばならぬところですが、遠方により駆けつけることができません。

遠方より個人の安らかなお眠りをお祈りいたしております。

・突然の悲報に接し、悲しみにたえません。みなさまのご心痛はいかばかりかとお察しいたします。

今はただご生前の温かい笑顔が思い出されます。遠くからですが、哀悼の気持ちをお送りします。

・〇〇様御他界の悲報を受け、茫然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。

今は遥かな地よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

2.2 先生やお世話になった方には感謝の言葉を

学生時代の恩師や、お世話になった方には感謝の言葉が入った文例を選びましょう。

本来ならお世話になった分、葬儀のお手伝いを申し出たいところですが、最近は家族葬で落ち着いて見送りたいご家庭も増えていますので、そんなときは弔電を送り、後で弔問に訪れましょう。

・先生のご逝去の報に接し、涙が止まりません。

まだご指導していただきたいことがたくさんございましたのに、残念でなりません。

今はただ、ご冥福を心からお祈り申し上げるばかりです。

・先生のご永眠の報に、謹んでお悔やみ申し上げます。あまりに早いお別れに、驚き、悲しみでいっぱいです。

先生の尊いご指導をいただけたことに深く感謝しています。心からご冥福をお祈りいたします。

・〇〇様のご訃報に接し、大変驚いております。

〇〇様には公私ともに大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。

在りし日の姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

 

2.3 菩提寺の住職の場合は冥福という言葉は使わない

お寺の住職さんも高齢化も進んでおり、これから亡くなられる場面に出会う方もいらっしゃるでしょう。

本当は参列するのが礼儀ではあるのですが、叶わない場合は弔電を送りましょう。

住職はもうすでに仏門に入っている方ですので、「冥福を祈る」必要はありません。

他にも「安らかに永眠されますようにお祈りいたします」なども使わない方がいいでしょう。

この点に気をつけて、恩師に送るような気持ちで文例を選んで下さい。

また、お香典は後で弔問したときに持って行ってもいいですし、無理なら現金書留などで送りましょう。

・〇〇寺住職様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

・このたびのご逝去の報に接し、痛惜の念にたえません。

ご住職様のこれまでのご指導に感謝し、謹んでお悔やみ申し上げます。

 

3.仕事関係の方の場合は故人との関係で大きく変わる


出典元:https://www.photo-ac.com/

仕事関係ではどうしても上下がはっきりしてきますので、故人との関係で選ぶ文例を変えます。

また、弔電を打つ機会が一番多いのが、この仕事の関係の間柄と言えるでしょう。

 

3.1 社長や会長の場合はかしこまった文章で

社長や会長が亡くなったときに送る弔電は、社葬で読み上げられる可能性が高くなります。

少しかしこまった文章のものを選ぶと無難でしょう。社長様・会長様という敬称で呼びかけます。

・社長様の訃報に接し、驚きを禁じえません。

ご遺族の皆様並びに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げます。

・社長様のご逝去を悼み、当社社員一同、謹んでお悔やみ申し上げます。

広く社会貢献されてきた故人の業績には、ただ脱帽するのみでございます。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

・会長様のご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。

ご功労に敬意を表しますとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。

 

3.2 従業員の家族では社員一同などを使う

従業員同士、または上司や部下の家族・親族が亡くなられたときは、「社員一同」「従業員一同」などで弔電を送ります。

一人ひとりだと送る人・送らない人が出てきたり、遺族もお礼状が大変になるなど、のちのちトラブルになりがちです。

会社名+社員一同または会社名+〇〇部(課)一同(従業員一同)と書いておけばOKです。

電文の中ではその従業員と故人の関係ではなく、喪主と故人の関係の続柄を書きます。

その従業員に続柄を確認しておきましょう。また、続柄などを入れない文面を選んでも良いですね。

家族葬などでなければ、葬儀のお手伝いが必要かどうか確認するのもマナーです。

お手伝いや参列が必要ない場合は弔電となりますが、故人とは深いおつきあいの間柄ではないので、簡潔にまとめましょう。

・ご尊父様のご逝去を悼み、〇〇課一同心よりお悔やみ申し上げます。

・ご逝去の報に接し、心から哀悼の意をささげます。

・亡き奥様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

 

3.3 取引先の関係ではシンプルに

取引先に弔電を送る場合に大事なのは、なるべく早く送ることです。

不幸な出来事といってもそこはビジネスですので、相手の取引先の中で一番最初に弔電を到着させましょう。

基本的には相手の会社に送り、会社名または高い役職の個人名で打つようにします。

文面は凝ったものは必要ありません。

会社としての対応ですので、一般的なものにとどめましょう。

個人的なおつきあいがある(あった)場合には、葬儀に参列するか、別に個人名で打ちます。

亡くなられたのが取引先の方の家族の場合は、喪主と故人との続柄で書くのが基本ですが、喪主が取引先の従業員でない場合は、呼びかけるのもちょっと馴れ馴れしい気がします。

こういった場合は、呼びかけの言葉のない文面を選ぶと良いでしょう。

・ご訃報に接し、惜別の念を禁じえません。

謹んでお悔やみ申し上げます。

・貴社〇〇様の突然の訃報に際し、ご遺族並びに社員の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。

在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

・突然のご訃報に接し、貴社ご一同様ご傷心のほど深くお悔やみ申し上げます。ご冥福をお祈り申し上げます。

・お逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。ご遺族の皆様のお悲しみいかばかりかとお察しいたします。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

3.4 社葬の場合は個人名義と会社名義で分けて

社葬の場合は個人または会社名義の2通りとなりますが、会社名で出す場合でも先方がお礼状を出すときのことを考え、担当者の名前を書いておきましょう。

個人名義の文例

・〇〇様の輝かしいご功績とご人徳を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

・御社専務の〇〇様のご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

会社名義の文例

・〇〇様のご訃報に接し、当社社員一同心からご冥福をお祈りいたします。

・〇〇様ご急逝の報に接し、私ども社員一同驚愕しております。心からお悔やみ申し上げます。

・この度のご訃報に接し、ご遺族の皆様並びに社員ご一同様に、心からお悔やみ申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表します。

 

4.亡くなられた状態による文例の違いは?


出典元:https://www.photo-ac.com/

人の亡くなり方はさまざまで、大往生だったり、長い間の闘病生活の末の場合や突然の事故死・病死などそれぞれに遺族の死の受け止め方も変わってきます。

ここでは、亡くなられた状態に合わせた文例をご紹介いたします。

 

4.1 天寿を全うした、大往生は禁句

どんなに長生きされていたとしても、遺族にとって死は悲しいものです。

また、参列者にもご高齢の方がいらっしゃるかもしれません。

「天寿を全うした」「大往生」などの言葉は入れないようにしましょう。

もっと長生きしてほしかった、もっといろいろなことを教えていただきたかったなどの、死を惜しむ、年長者への尊敬の念を表すような言葉の入った文例を選びましょう。

・〇〇様ご逝去の訃報に接し、お悔やみ申し上げます。もっと長生きされて、いろいろと教えていただきたかったです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

・〇〇様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

〇〇様には人生の先輩として、これからもご指導いただきたいと思っておりましたのに、残念でなりません。

心よりご冥福をお祈りいたします。

・〇〇様のご訃報に接し、ご家族のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。

つい先日までお元気な姿を拝見したばかりでしたので驚いております。心からお悔やみ申し上げます。

 

4.2 病死の場合は遺族の気持ちを気遣う

病死の場合は、お見舞いのときのことなどが入った文章を使用しても良いでしょう。

ただし、病気の内容などは遺族が知られたくない場合もあります。

詳しく聞くことはもちろん、その内容を文面に入れることも良くありません。

また、長期の入院や介護などで遺族が疲れ切っていることも多いので、気持ちに寄り添うような言葉が入っているものを選ぶと良いでしょう。

・〇〇様の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

ご体調が芳しくないとは伺っておりましたが、こんなに急に逝かれるとは思いませんでした。

安らかにご永眠されますことを、心よりお祈り申し上げます。

・〇〇様のご逝去に際し、惜別の念を禁じえません。

入院中はお見舞いにも伺えず、大変残念でなりません。

心よりお悔やみ申し上げます。

・〇〇様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。

懸命の看病を見るにつけ、お慰めの言葉もありません。

その献身的なご看病には、〇〇様も感謝しておられることでしょう。

心よりご冥福をお祈りいたします。

・〇〇様の在りし日のお姿を偲びつつ、お悔やみ申し上げます。

先日お見舞いに伺ったときは笑顔を見せていらしたので、ご快復を信じておりました。

本当に残念です。安らかにお眠りになられることを、心よりお祈り申し上げます。

 

4.3 事故死(突然死)では驚きの気持ちを表現

事故死や短い期間での闘病の末の病死などでは、遺族はひどくショックを受けています。

遺族へのいたわりの言葉を入れると良いでしょう。

もちろんこの場合も、事故や病気の内容については聞いたり、文面で触れないようにしてください。

・突然の訃報に、大変驚いております。なんと申し上げてよいか、言葉が見つかりません。

ご家族の悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。ご冥福をお祈りいたします。

・お嬢様の突然の悲報に接し、驚きを禁じえません。

残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、涙がこぼれます。心からお悔やみ申し上げます。

・突然の悲しいお知らせに、愕然といたしております。

ご両親様のお嘆きをお察し申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

 

5.宗教の種類で使う言葉は違う


出典元:https://www.photo-ac.com/

宗教によっても弔電の文例は変わります。

故人や喪主がどういった宗教を信仰しているのか、把握しておく必要があるでしょう。

また、故人と喪主で違う宗教を信仰している場合もあります。

基本的には、葬儀を主宰する喪主の宗教に合わせるようにしましょう。

しかし菩提寺にお墓がある場合など、宗派や宗教が違うと入れないなどの問題もあります。

葬儀の宗教形式を確認するか、それが無理なら、どの宗教でも使える文例を選ぶと良いでしょう。

 

5.1 仏教では冥福や成仏など仏教用語が使える

日本では大半の葬儀は仏式で行われますので、弔電の文例もほとんどが仏教の用語を使用しています。

冥福や成仏、供養などの言葉を使うことができます。仏式の場合はさほど気にせずに文例を選べるでしょう。

しかし浄土真宗では、亡くなられた方はすぐに浄土に行かれるとされており、一部使えない表現があります。

「冥福を祈る」「安らかにお眠りください」など、これから成仏するかのような文例は避けた方が無難です。

 

5.2 神道では仏教の言葉は使用しないように

神道形式の葬儀が行われる場合は、一般的に弔電に使われる仏教の言葉が使用できません。

「冥福」「成仏」「供養」「あの世」「往生」「ご愁傷様」「弔う」などは仏教の言葉です。

代わりに、御霊(みたま)という言葉を使用します。

・ご他界を知り、御霊安らかならんことを祈ります。

・御霊のご平安をお祈り申し上げます。

こういった表現が基本ですが、仏教用語の入っていない文例を使用しても良いでしょう。

 

5.3 キリスト教では「神の御許に召される」などが一般的

キリスト教でもやはり、他の宗教の言葉は使用しない方が良いでしょう。

「神(天)の御許に召される」「天に召される」などがキリスト教の用語です。

・神の御許に召されました〇〇様が、安らかに憩われますようお祈りいたします。

・天に召された〇〇様を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

・〇〇様のご訃報を悼み、安らかにご永眠されますことをお祈りいたします。

・〇〇様のご訃報に接し、哀悼の意を表すとともに、天での平安をお祈りいたします。

こういった表現で弔意を表します。

「永眠」「眠る」という言葉は間違いではないのですが、天に昇ったことを示す表現の方がより良いでしょう。

「哀悼」「お悔やみ」などもお勧めできない言葉です。

 

6.オリジナルな文章を付け足す場合は?


出典:https://www.photo-ac.com/

いろいろと文例を紹介してきましたが、これをそのまま使うと少々そっけなく、形式ばっている印象です。

できればオリジナルの文章を付け足して、遺族の心に響く弔電にしたいものです。

しかしその場合、「忌み言葉」に注意しなければなりません。

ここでは、忌み言葉とはどういった言葉なのか、またオリジナルな文章を作るときのポイントなどをお伝えします。

 

6.1 忌み言葉とは?その種類の多さに注意!

忌み言葉・重ね言葉とは、不幸を暗示させるような言葉遣いで、いわゆる「縁起をかつぐ」ものです。

弔電は遺族に送るものですので、送る方が縁起を気にしなくても、遺族の気持ちを配慮して、忌み言葉は避けるようにした方が良いでしょう。

忌み言葉・重ね言葉の例

・不幸が重なる・再び来る:重ねる、かさねがさね、くれぐれも、重々、再三、次に、次々、追って、続いて、引き続き、また、なお、しばしば、たびたび、返す返す、いろいろ、いよいよ、ますます、ぜひぜひ、繰り返す、皆々様

・数字:四(死)、九(苦しい)

・直接的な表現:死亡、急死、生きているころ、ご生存中  

6.2 忌み言葉・重ね言葉は言い換えて使おう

たくさんあってついうっかり使わないか心配ですが、忌み言葉は言い換えれば大丈夫です。以下、一覧にしてみました。

忌み言葉・重ね言葉 言い換える言葉
重ねる・重ね重ね・繰り返す 深く
かえすがえす ほんとうに
くれぐれも・重々 十分に・どうぞ・よく
再三 大変多く
次に その後・新たに
次々 たくさん
追って・続いて・引き続き 改めて・その後・後ほど・これまで通り・変わりなく
また・なお 改めて・さらに
しばしば・たびたび よく・しげく
いろいろ 多くの
いよいよ・ますます さらに・もっと
ぜひぜひ ぜひ・ぜひとも
皆々様 皆様・ご一同様
死亡 ご逝去・永眠
急死 急逝・突然のこと
ご生存中 ご生前
 

6.3 遺族の知らないエピソードを添えて

オリジナルな文面の良いところは、ありきたりではない内容から、故人のお人柄がうかがえることです。

あまり奇をてらったものではいけませんが、ぜひ、遺族の方も知らない微笑ましいエピソードや感動的な思い出を盛り込んで、心に響く弔電を打ちましょう。

オリジナルの文例

・お父様の訃報に接し、大変驚いています。

心よりお悔やみ申し上げます。

私はお父様とは小学校以来の友人です。

二人でお酒を飲みかわし、冗談を言い合って騒いだのが昨日のことのように思い出されます。

遠く離れていても、お父様は最高の友人でした。

今現在、体を壊してしまい、最後のお別れに伺えないのが残念でなりません。

一日も早くお悲しみが癒えるよう、お祈り申し上げております。

ご冥福をお祈りいたします。

・先生の訃報に接し、悲しみでいっぱいです。

先生には中学校の3年間、大変お世話になったのですが、まだ御恩を返せていないのが大変悔やまれます。

先生はいつも緑のジャージを着て、教師という仕事に大変情熱を注がれており、私はとても尊敬していました。

口だけではない優しさが伝わって、本当に生徒のことを考えてくださる先生でした。

遠隔地のため、お悔やみに間に合いませんことをお許しください。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

7.その他の場合の弔電の文例


出典元:https://www.photo-ac.com/

上にあげた以外にも、法事・法要でも弔電を打つことはありますし、場合によってはペットの葬儀でもないとは言い切れません。

また、海外での葬儀では、英文で弔電を送る可能性も出てきます。

ここでは、これら3パターンについての文例をご紹介いたします。

 

7.1 法事・法要・慰霊祭でもお悔やみやお詫びの気持ちを伝えよう

法事・法要・慰霊祭はだいたいの日取りが前もって決まっていることが多く、予定は立てやすいのですが、それでも急な用事や病で参加できないこともありますね。

そういったときは弔電を送りましょう。

しかし身内のみで済ませる場合は、電話などで弔意を伝えても良いでしょう。

・この度の慰霊祭のご連絡をいただき、悲しみを新たにしております。

あいにく、所用にて参列できず、誠に申し訳御座いません。

心よりご冥福をお祈りいたします。

・〇〇回忌のご法要にあたり、あらためて悲しみがつのります。

ご法事に出席できませんが、在りし日のお姿を偲びつつ、故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。

・〇〇様の初盆に際し、あらためて悲しみがつのります。

ご生前の面影を偲び、遥かにご冥福をお祈りいたします。

 

7.2 英文での弔電ではDeathではなくLossを使用

6章で忌み言葉をご紹介しましたが、英文でもやはり直接的なdeathといった表現は避けられ、lossを使用するようですね。

また、亡くなったという意味の「pass」「passing」も使われます。

・I very surprised at the sudden obituary.I extend to you my deepress condolences.

(突然の訃報に大変驚いています。深くお悔やみを申し上げます。)

・I am very sorry to hear about your mother's passing.

(お母上のご逝去の報を聞き、心よりお悔やみ申し上げます。)

・Please accept my sincere condolences to you on the loss your father.

(お父上のお逝去に際し、心から哀悼の意を捧げます。)  

7.3 ペットの時にはやさしい文章で

ペットが亡くなったときにも、弔電を送る場合もあります。

ペット向けではかしこまった言葉や熟語などは少なめにして、やさしい言葉遣いにしましょう。

・ご逝去の知らせを受け、悲しみに包まれています。

たくさんの愛情を受けて、〇〇ちゃんはきっとしあわせだったことでしょう。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

・〇〇ちゃんが虹の端を渡ったと聞き、涙がとまりません。

いつも可愛いしぐさを見せてくれて、ありがとう。

天国からママのことをずっと見守っていてね。

 

8.まとめ


出典元:https://www.photo-ac.com/

以上が弔電の文例と、文例を選ぶときや作るときの注意点となります。

基本的には電報サービスの会社の文例を使えば間違いはありません。

しかし、オリジナルの文章を入れる場合は忌み言葉に注意してください。

葬儀に参列できないのは悲しいことですが、やむを得ない場合もあります。

その分、弔意や誠意が弔電で伝わるようにしたいものです。

そしてできれば、後日弔問にお伺いして、遺族の悲しみに寄り添い、故人の思い出を語り合ってくださいね。